2017年、潜在意識・最適化で経済的、精神的、時間的に自由な人生を実現するためのサイト

【書籍レビュー】あなたの会社が90日で儲かる! 神田 昌典(著)

公開日 2015.10.10

更新日 2016.05.02

コメントを書く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
あなたの会社が90日で儲かる!

会社が90日で儲かる・・・?

その秘訣は
『エモーショナルマーケティング』にあった!

はい!ソンミです。

今回ご紹介する本を読めば、
あなたの会社は90日で儲かるようになります・・・。

「良い商品を、多くの消費者に届けたい。」

有能で、善良なビジネスマンなら、
誰でもこう考えますよね。

しかし、ちゃんと儲けていますか?

言葉が悪いかもしれませんが、
ビジネスマンと名乗る以上、
儲けを出すことは義務です。

この本、
儲かっていないという方は必見です。

よ~く、考えてみてください。
お金は、歩いてやってきませんよね。

そうです。人が運んできます。

人間をもっと知る事。
心理を知る事。
感情の動きを知る事。

すなわち、
『エモーションマーケティング』が鍵です。

~余談ですが、先進国で心理学が
義務教育に入ってないのは、日本くらいです。~

 

この本の題名を読んで、あなたは何を考えましたか。


・うっわ、怪しい~

・何それ、どうやって儲かるの?知りた~い。

・ああ、その言葉知ってる。ビジネスをやろうと思って
勉強している人にとっては、常識じゃないかな。

・何か騙されるかも。悪い事してないの?
ちょっと怖いけど、本当に儲かるなら知りたい!!

などなど、状況によって
捉え方が変わってきますよね。

私が、この本を手に取った理由は、
一番最後の考えが強かったからです。

個人でビジネスをして、
会社に頼らずお金を稼いでみたい!
と思い、さまざまなノウハウを学びました。

メンタル面でも、セルフイメージを上げたり、
理想の自分になる瞑想を行っていました。

お客さんとのコミニュケーションも
丁寧に、完璧な接客を心がけました。

・・・・・・・・・しかし、

どんなに一生懸命に、ビジネスをしても
売り上げは上がりませんでした。

そこで役に立ったのが、この本です。

 

エモーショナルマーケティングで会社の実績があがる


著者の神田さんは、
正直で真面目なビジネスマンが成功できず、反対に
詐欺もしくは詐欺紛いのことをしている人が、お金を
手に入れていることに、疑問を抱いています。

そんな真面目なのに成功できない人の会社を
何社もエモーショナルマーケティングという
魔法を使って、救済してきているのです。

最初はうまくできなくても、結果が出るまで続ける。

その、期間が90日だったのです。

ああだ、こうだ、考えながら、実行していく経過も
含めての90日としているので、実際のところ
成果(期待している売り上げ)に
結びつくのは、もっと早いと言います。

この本の良いところは、うまくいかなかった理由や、
うまくいかせるための具体的なノウハウが書かれています。

しかも、それは、どのビジネスの
ジャンルを問わず、応用可能なのです。

事例研究なる名目もあります。

どのくらい具体的かというと、

1、法人営業で、新規販売店を開拓する場合
2、高額商品販売で、新規顧客を開拓する場合
3、低価格商品の販売で、新規顧客を開拓する場合
4、法人向けサービス業が、セミナーや勉強会へ集客する場合

あなたの会社を90日で高収益企業に
変えるヒントが満載です。

神田さん自身は、脱サラ1年目で年商1億を達成され
しかも従業員は、派遣社員1名のみということです。

 

お客さんの反応を誘発する二つのキーワード


工夫したダイレクトメール一つで
忙しい社長さんでも、行動に駆り立てられる
ポイントがあります。

それは、「認知不協和」「緊急性」です。

まず、一つ目の「認知不協和」とは
心理学の用語です。

「認知不協和」を、通常のダイレクトメールに
応用した例を上げます。

例)通常のダイレクトメールと「違う」と
感じてもらいたい。

手紙はピンク色にする。

顔写真は潰れている。

正直なところ「どこのバカが作ったのか」という
体裁になっている。

このように、意識的に、お客さん側に
「なんじゃ、これ!」と思わせる工夫を施します。
お客さんの心では、心理的な不協和が起こるのです。

感情のバランスが崩れると、人はそれを直そうとします。
その結果、怖いもの見たさで、中を開き
ダイレクトメールを読んでしまう、と言う事です。

これで、読ませる段階は、クリアーです。

次は、どうやって、行動を起こさせるか?

ここで二つ目のキーワードの
「緊急性」が登場します。

人間、どんな素晴らしい提案でも、忙しいと
「緊急性」がなければ「あとでいいや」と
後回しにしてしまいます。

この、「あとでいいや」という反応を
「いますぐ判断しないと、大変なことになる」
という反応、つまり「緊急性」を取り入れる
ことにより変えていきます。

時間、期限が迫っているという言葉の魔法で、
読み手の不安や、衝動をあおって行動を起こさせます。

 

思考と行動のバランス


ビジネスを成功させる=安定した収入をつくる

と言う事は、口で言うのは簡単です。

こんな風に言うと、
「やっぱり、自分でビジネスを
ゼロからやるのは、難しいのか。」
と言う声が聞こえてきそうですね。

大丈夫ですよ!

成功するには、成功するための思考を
つくれば良いのですから。

思考が出来るようになれば次は行動です。

実は、この思考と行動のバランスが
成功のポイントになってきます。

そこで、潜在意識を味方につけると、
成功までの道が加速していくのです。

言い換えれば、鈍行電車と新幹線くらい
差が出てしまいます。

あなたも、新幹線に乗りませんか?
「超特急」で”成功行き”のレールを走ってください。

切符はこちらですよ^^

HSO公式サイトサブリミナル音源プレゼント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

↓キーワード検索↓